投稿日: 2021/09/08

健康食工房たかの (マクロビオティック自然食レストラン) Takano(Macrobiotic)Vegan Restaurant(Vegetarian)

たまに書いているー四方山小話
たかのは、開業から21年間、自然食、穀菜食、ヴィーガン、ベジタリアン、動物性フリーに対応している料理をお出ししています。
殆どの方が、リセット目的でお見えになられており、ジャンクフードやお肉など常食されている一般的なお客様であり、ヴィーガン、ベジタリアンの方もお見えになられますが割合は極めて少ないです。
穀物菜食、ヴィーガン、ベジタリアン、人口は日本国内では非常に少ないからです。
それで、様々なご質問を頂くこともあり
「このような食事をされている人は病気にはなりにくいのですか?」
「太らないのですか?」
など、多いのですが、ヴィーガン、ベジタリアンの方々でも、ご病気になられる方はいますし「メタボ」の方もいます。
「ガリガリ」の方もいます。
「丁度いいんじゃない」という方もいます。
体質や環境や生活によって、様々なのです。
良い食材を食べて無添加生活していても「病気にならないとは言えない」これがお答えです。
その方が生まれ持つ体質と環境と生活スタイルによっても異なるものと思います。
同じ人がこの世にいない様に、それぞれの体質や環境で必要な要素は異なりますので「誰誰さんがこれ食べて、このような生活をして、健康的だから、その方と同じことをしよう!」と試みても、うまくいかない事が殆どなのです。
自らの身体の内なる声を鑑みて「何が私には足りていないのか?」を常日頃から考えて行くことが必要なのですが、それを楽しめれば良いのですが、人によりものすごくストレスを感じることになります。
百人百様と言うのでしょうか?
動物愛護・宗教・思想などからヴィーガンをされている方には怒られるかもしれませんが、そうでない方の場合、身体に肉や魚介が必要ならば食べればいいのです。
自らの身体の声を聴き分けてなんて難しいですね・・・
ストレスは「病」を引き起こす火種でありますから「何をしているのか分からない」となる方も多いもの。
ゆるーく深く考えないで楽しくされるのが良いようにも思いますね。
因みにわたしは、ヴィーガンではありませんが、お野菜とか穀物中心のかなりこだわった食生活をしていますが、厨房にずーと年がら年中いますし、数年前から両親の介護までしなければいけないので、引きこもりのような生活です。
料理の味見で常に食べていますし、運動もまったくしない、時間が不規則であり、睡眠時間は平均4時間弱・・・自然食、穀菜食、ヴィーガン、ベジタリアンの食事を食べていても健康診断結果は常に「メタボ予備軍」です。
うまくコントロール出来ている方の中には健康的な方もいますが、そうでない方も多いものです。
そうでない方の場合はその方に必要なものが欠けているからで、それが何であるのかが分からない方達です。
わたしの場合は、何が欠けているのか分かっているのですが、難しいものですね。
適度な運動と規則正しい生活と充分な睡眠時間とやすらぎと余暇と少食を心がけるですか・・
ですから、人夫々なんですよ!
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。