投稿日: 2021/09/08

健康食工房たかの (マクロビオティック自然食レストラン) Takano(Macrobiotic)Vegan Restaurant(Vegetarian)

たまに書いているー四方山小話
さて、緊急事態や蔓延防止、解除されるのでしょうか?
このところ、感染者は減っていますので、解除されるかな?でも慎重に判断されるかな?っと金沢市内の飲食店はどこもかしこも、県からのお示しをお待ちしている所です。
解除だと「もう安全なんだ~我慢しなくてもいいんだ~っと、夜の繁華街も潤い、郊外にある店も潤います。・・今まで我慢していた人がいたるところへと出かけて、観光の方も新幹線で行こう!サンダーバードにのろう!しらさぎにのろう!北陸道を走ろう!石川県は安全だ!とわんさかと入って来ます!」
今まで我慢していたサービス業は「フルスロットル」また波が来たらまた自粛、解除になった今が好機とあの手この手で「誘客の策」を打ち出して県内外のお客様を招き入れようとします。
常に先を読み数字で考える経営者と従業員の意識の違いでもあります。
そういう流れになれば、必ず人流は増えて行きますから、それに向けての、準備をしなければいけないので、明日からとか明後日からと言われても困るわけで、早く方針をお聞きしたいわけで、それを前に見込みで準備してしまうと延長とか一部の要請を残すとかなると大変なことになるわけです。
どうなるんだろう?要請期限まで数日しかない!
話変わって・・・
わたしの店のような「動物性フリー」の食事をお出ししているお店の場合、予約頂くうえでいろいろなお問い合わせが入ってきます。
☆グルテンフリーに対応していますか?
☆ヴィーガン対応していますか?
☆アレルギー対応していますか?
☆お肉やお魚なども入れてもらえますか?
★まず「グルテンフリーに対応していますか?」ですが、わたしの店では対応は出来ません。
なぜなら、麦を使う料理があり、常日頃から厨房内に麦があるためで、美容目的の方で、アレルギーでもなくセリアック病でもなく多少入っていても構わないと言う人がされているのは「グルテンフリー」ではなく、命の危険がある極度の麦アレルギーやセリアック病の方が安心して食べることが出来るものが「グルテンフリー」であり「コンタミネーション」までもクリアしている必要があるためです。
★「ヴィーガン対応していますか?」ですが、わたしの店では動物性素材は一切使いませんので、対応は出来ており、単に「ヴィーガンに対応していますか?」とお問い合わせがあれば「対応しています」とはお答えはいたしますが、条件を後出しされた場合は対応できない場合があるため、なるべく、宗教食でないかどうかの確認は出来るだけするようにしており、例えば、ネギやニラやニンニクなどを避ける「五葷(ごくん)抜き」やいろいろな細やかな決まりがある「宗教食」の場合は、大きな問題に発展する場合もあり、お断りする場合も御座います。
例えば、料理に一切のアルコールを入れてはいけないため場合により発酵調味料も使えなかったり、夫々の方々の認証食材を使わなければいけなかったり、その他様々な決まりがあったり。
★「アレルギー対応していますか?」ですが、動物性のものは入れていませんのでそれはそれで対応は出来るのですが、その他のアレルギーには難しく、胡麻や小麦や大豆も常に使っています。
★「お肉やお魚なども入れてもらえますか?」ですが、この問い合わせは結構あるんですが、例えば肉が無いとダメな人がいるんですとか?対応は出来ません。
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。